お客様は神様ではない。

2024/04/04

(写真は弊社カスタマーサクセス部員がお客様の声を社内に届けているところです)

お客様は神様です。昭和はこの言葉が仕事でよく使われていました。お客様は利益をもたらしてくれる存在だから無条件に敬いましょう。そういう意味で使われていたと思います。サービス受益者と供給者の間には「上下関係」があったわけです。

昭和の神様は令和のいま、スーパーマーケットや服屋さんで買い物したら袋詰めどころかレジ打ちすら自分でやらないといけません。「ありがとうございます、またのお越しをお待ちしております」は自動でスピーカーから流れてきます。三波春夫(お客様は神様です、をはやらせた昭和の歌手)が聞いたら腰抜かすと思います。

現代ではお客様は心と感情を持った普通の「人間」だと考えるのが正しいのだと思います。そしてサービス受益者と供給者は上下関係ではなく「伴走(一緒に走る)や伴奏(一緒に奏でる)」関係で結ばれています。

商売だけじゃなく、あらゆる職業にはお客様が存在します。お客様がいないと給料はもらえません。先生のお客様は生徒ですし政治家のお客様は国民です。でも彼らに生徒や国民の人生に寄り添い、伴走したり伴奏する気持ちがいったいどれぐらいあるのでしょうか。30年にわたって学力や国力を落とし続けた責任を教師や政治家はどう考えているのでしょうか。

SaaS、DX、IoTを商材として扱う我々のお客様は商材利用者です。お客様が私たちの商品を使ってくださり成功すること、幸せになること。そのために我々には何ができるのか。お客様と一緒になって悩み、ともに真剣に考える。これが私たちの仕事です。

お客様に寄り添い、一緒に伴走し・伴奏する。お客様と共に悲しみ、苦しみ、笑い、喜ぶ。そんな組織を、ビジネスを作り上げていきましょう。

一筆啓上いたします
「お客様は神様ではなく、大切な仲間です。」